Birth Trauma胎児期退行

Birth Trauma

あなたが、今ここに生まれた意味を探り
あなたという自己の存在を確立する

birth-trauma

あなたが、母親の胎内にいた時期へと退行します。

決して逃れることのできない場所 (胎内) で、あなたは母親と同化し、母親を通じて、たくさんの出来事を見て・聞いて・感じ続けてきました。
しかも、自己としてではなく、母親と同じ感覚で。

あなたは生まれた時から、母親の体験や感情を、自分自身のものとして受け入れているのです。

それゆえに成人してもなお、嫌だと否定しながらも、母親との境界がはっきりとしないまま、自分ではない人生を生きている感覚を持たれる方もいるようです。

漠然としたネガティブな感情 (怒りや不安、孤独や恐れなどなど) を抱え続けている場合も、胎児期に原因がある可能性があります。
なぜなら、その感情自体があなた自身のものではないからです。

birth-trauma

すべての胎児はサイキックであるといわれています。
母親の胎内では、五感 (視覚・聴覚・感覚・味覚・嗅覚) をフルに使って、周りの世界での情報を受け取っているからです。
そのために、今感じている以上に敏感・繊細であり、その傷は心の奥深くに根付き、現在に影響を与えています。

胎児期へと退行することで、原因となっている出来事から自分自身を解放し、自己という存在を確立することが可能です。

また、胎児であるあなたは、魂(前世)の記憶をもはっきりとしたカタチで持ち合わせています。
「なぜ、この母親のもとへとやってきたのか?」「何を成し遂げるためなのか?」その意味を理解することも可能です。